メンテナンス

匠工芸の家具は素材が天然の樹木であるため、工業製品のように同じ色、質感、模様が揃うことはありません。同じデザインに見えても1点1点印象や感触が異なります。また、使っているうちにつやや深みがますなど、新品とは違う味わいも出てきます。それが木製家具の大きな楽しみでもあるのです。

ただ一方では、置く場所や使い方によって変色したり傷付くこともあります。それも木が呼吸し生きている証しとお考えいただき、どうぞ末永くお付き合いいただきたいと思います。ここでは、木製家具の風合いを長持ちさせるための、お使いになるうえでの注意点やコツをご紹介します。

国産家具認定www.jfa-kagu.jp

匠工芸は「安心+安全+環境に配慮した国産家具をつくる事業者」として、一般社団法人日本家具産業振興会より認定を受けています。国内で生産していること、十分な強度と耐久性、シックハウス対策や合法伐採木材の使用、修理体制、そしてデザインがオリジナルであることなどが基準。すべてをクリアした製品には認定マークが表示されます。

一般社団法人 日本家具産業振興会

家具修理職人.com

匠工芸は、全国的な家具の品質保証・修理再生ネットワーク「家具修理職人.com」にも加盟しています。家具を製造元まで送らなくても、お客様の近くの加盟工場で修理ができるシステムです。

家具修理職人.com

大切な家具のために

ストーブやエアコンの風、直射日光が直接当たる場所、また湿気の多いところでの使用はできるだけ避けてください。木材の反りや割れ、カビの原因になることがあります。

テーブルに熱いカップや濡れた食器を置いたり、長期間同じ場所にものを乗せておくと跡が残ることがあります。陶器を引きずったり、汚れを消しゴムで落とすのも擦り傷の原因になるのでご注意ください。

テーブル天板にビニールクロスをかけると、せっかくの木の手ざわりが楽しめないだけでなく変色や変形の原因になります。

椅子に腰掛け、後ろ脚2本に体重をかける姿勢は、椅子がいちばん早く傷む座り方です。お子様でもお避けください。

炊飯器やコーヒーメーカーなどの家電を収納、そばで使用する場合は、熱や蒸気が家具に当たらないようご注意ください。

限度を超えた収納は、棚板のたわみや全体の歪みの原因になります。ご購入の際に使用目的をご相談いただくと安心です。

ふだんのお手入れ

無垢材の家具は、ふだんはやわらかい布での乾拭きが基本です。濡れた雑巾や薬品などを含んだ布で拭くとシミができたり、塗料が剥がれる原因になります。汚れが気になるようでしたら、せっけん水を染み込ませた布をしっかり絞り、汚れを拭き取ってください。

天然オイル仕上げの製品は、ご自宅でもオイル(市販のものでOK)でお手入れしていただくとナチュラルな風合いが長く維持できます。

ぐらつきなどが感じられた際には、接合部を付属の工具やドライバーで締め直してください。

布張り製品にシミがついた場合は、薄めた中性洗剤に浸してしっかり絞った布で拭き取り、水拭き、乾拭きの順で仕上げます。

革張り製品はやわらかい布で乾拭きしてください。ときどき専用クリームをお使いいただくと風合いが長持ちします。