工場長:小林 大Dai Kobayashi

工場をスムーズに回して生産性を上げるのが使命。

木取りから1課、2課、塗装まで7つの課を束ねています。それぞれの課長はその道のエキスパートで、いないと工場が回りません。僕は彼らがきちんと仕事をできるよう気を配り、出荷日に合わせて工場全体で作業をどう流していくか考えて動きます。手が足りなければ自分もこうして加工を手伝います。でもしょっちゅう確認やら相談やら話しかけられるので、その都度対応しながらの作業です。本当はずっとつくっていたいんですけどね(笑)。
ものづくりは自分との戦いです。同じものをたくさんつくる既製品であっても、実は「同じ」ではありません。3カ月前の自分より早く、精度を上げてできるか、そのつど真剣勝負なんです。「よりよく」「より早く」とひとりひとりが考えて行動し、迷ったら先輩に聞く。僕も前工場長の下地さんに相談することがあります。

若い人には伸び代がいっぱい。しんどさの中の楽しみを応援したい。

僕も新潟出身ですが、工場には本州から来た人が多い。いろんなタイプがいるけど、みんな学びたくてここに来ているから、上手に育てれば伸び代はたくさんあるはずです。仕事はしんどくても、その先にある達成感を糧に成長してほしい。家具づくりは最終的に個人の能力にかかっています。努力次第で早くいいものができる、それを実感して楽しみとやりがいを見出せたら、自分自身が伸びる。みんな、まだまだいける。この工場の可能性は大きいですよ。

プロフィール

氏名 小林 大
生年月日 1976/4/7
入社日 2002/4/1
資格 技能検定1級(家具手加工)、指導員
部門・役職 工場長
趣味 家族といること